ティラノビルダーで自己満できなかった

2018-06-27 Toybox Comment : 0

先日は大きな地震がございましたが、皆様ご無事でしょうか。
被害やお怪我など受けていらっしゃらないことを願っております。

ティラノプレイヤースタンドアロン版を使いスマホアプリにしてニヤニヤしようかと思っていたのですが、Androidstudioでエラーが出て上手く書き出せなかったのがこれです。
テストなので背景がおかしくても作り込まなかったのは幸いでした……。

上の顔アイコンをクリックすると、

キャラを変更できる、という感じの一方的独り言アプリです。
とはいっても既存の独り言ブラウザゲームの台詞が貧相な自覚があるので、本当に試験的にこういうやり方をしたら幅が広がるのかどうか試してみただけなのですが。
普段はこの人は一体どんな人なのかなぁと思って別のスマホアプリ中で会話してみたりします。
ただ、一人遊びのお喋りになってしまっていて、きちんと人にお見せできるようなセリフを考えられないのがネックなんですよね…。
男の子は理想が出てしまいやすいのでみんな落ち着いていたりおっとりしている気がします。
ちなみにお気に入りのアプリは『MOSO』という自分で話し相手のbotが作れるアプリです。
例えばこれがトモダチコレクションなら何系何型かなぁとか、そんな考え方もいいのかもしれません。

このティラノプレイヤーならアプリ化も簡単らしいのに書き出せないエラーは「Cannot resolve symbol ‘R’」というエラーなのですが「シンボル ‘R’を解決できません」とは一体なんなのでしょう。

ティラノビルダー使いですがPCでの設定時間とかランダムとifで分岐して喋らせてるんで、セリフはほとんどティラノスクリプトコンポーネント使って書いてます。
Live2Dのモーションもセリフ合わせで分岐しているのでidle指定と最初のキャラクター入退場以外ではLive2Dコンポーネントが使えず、うっかりエラーの嵐だったりします。

そういえばhtmlファイル作るのもWYSIWYG形式とかありましたよね。
ティラノビルダーはそのWYSIWYGみたいな感覚で作っていけるので感動しております。
シケモク様、ありがとうございます。